ビーチバレー
 
 
ビーチバレーとは
 
歴史
 

ビーチバレーをやってみよう!
ルール
 
戦い方
 

ビーチバレーの必需品
欠かせないもの
 
あると便利なもの
 

ビーチバレーのココに注意!
熱中症
 
紫外線
 
ケガ
 

ブックマーク
Yahoo!ブックマーク Google Bookmarks はてなブックマーク niftyクリップ livedoorクリップ del.icio.us
 
home

ビーチバレーとは

夏といえば、海!海といえば・・・そう、ビーチバレーです!!青い海と白い砂浜、ジリジリと照りつける太陽に囲まれて、夏の風物詩といっても過言ではないでしょう。


ビーチバレーってなに?

ビーチバレー

「ビーチバレー」はビーチなどの砂地で行う、2人制のバレーボール競技です。6人制バレーのように専門特化したスキルだけが求められるのではなく、レシーブやパス、トス、サーブなどあらゆるスキルが要求されます。球技的で、なおかつ総合的な運動神経を求められるといっても過言ではないでしょう。さらに太陽の光がさんさんと照りつける暑いビーチで、絶え間なく吹き付ける風をからだと感覚でとらえ、プレーごとに形を変える砂を足場にプレーするのですから、その難しさは想像以上のものといえます。なお、オリンピックの正式種目であり、かつ観客動員数の費用対効果No.1を誇った競技です。海外では人気スポーツとしてさまざまな演出効果(音響など)がなされ、観客のボルテージを最高潮に熱く震撼させます。しかし、日本ではそのような演出がなされていません。いずれにしても人気スポーツであるとともに、観客を魅了する楽しいスポーツなのです!

ページの先頭へ

今、ビーチバレーが熱い!

ビーチバレーといえば、まず思いつくのが浅尾美和選手ではないでしょうか?この選手がプロ選手として活躍するようになってから、飛躍的に人気が高まったとされています。しかし、それだけではありません。従来、日本のビーチバレーはインドアからの転向組や引退舌人が始めるケースがほとんどでした。しかし、最近では中学、高校などはじめから始める人が増えてきたのです。選手とコーチの最低3人がいればできるうえ、経費もかかりません。今後は人口が増えるだけでなく、チームを持つ企業も増加するでしょう。

ページの先頭へ

オリンピック注目競技No.1!

オリンピック

1996年のアトランタオリンピックから正式種目となり、2000年のシドニーオリンピックでは「最も入手困難なチケット」ということで一気に人気競技となりました。その背景には会場で音楽を流したり、水着姿の美女がダンスを踊ったり、DJが観客を盛り上げて一緒にダンスを踊ったりと、他競技にはないイベント性があったのです。さらにビーチという開放感も手伝って、欧米ではメジャースポーツになりつつあります。また、2008年のオリンピック誘致争いでは各国がその目玉として開催場所をメインに掲げ、パリはエッフェル塔前広場、北京では天安門広場を会場に使用すると提案し、人気の高さを示しました。これはシドニーオリンピックでの人気に肖ったものとされ、各国の主要観光地を充てることで開催誘致の目玉として扱われた証ともいえます。

ページの先頭へ

ビーチバレーワールドツアーとは

世界

オリンピックや世界選手権の切符を手に入れるには、ビーチバレーワールドツアーを制さなければなりません。これは1992年からスタートし、世界各国を転戦するビーチバレートーナメントです。約30ヶ国から集まった選手たちが毎年15ヶ国前後を転戦し、ポイントを獲得します。その合計を「ワールド・ポイント」といい、上位の選手のみにオリンピックなどの出場権が与えられるのです。

ページの先頭へ

COLUMN:ビーチバレーをやってみよう!

やってみよう

浅尾選手の活躍により、ビーチバレーは流行の兆しを見せ始めています。しかし、「選手の名前は知らない」「ルールは知らない」「生で見たことはない」という人が圧倒的ではないでしょうか? 興味はあるけど詳しい情報がないため、今ひとつ親しめずにいる・・・という人も多いはず。そんな人は、まずビーチバレーをやってみてください!「海辺でやる2対2のバレーボール」という知識くらいでも競技に触れることで思う存分楽しむことができますよ!


ページの先頭へ
リンク
サイトマップ