ビーチバレー
 
 
ビーチバレーとは
 
歴史
 

ビーチバレーをやってみよう!
ルール
 
戦い方
 

ビーチバレーの必需品
欠かせないもの
 
あると便利なもの
 

ビーチバレーのココに注意!
熱中症
 
紫外線
 
ケガ
 

ブックマーク
Yahoo!ブックマーク Google Bookmarks はてなブックマーク niftyクリップ livedoorクリップ del.icio.us
 
home

ルール

インドアのバレーと違い、2人制のビーチバレーは難しく感じる人もいるかも知れません。でも、基本的なことさえ覚えてしまえば、あとはカラダが少しずつ慣れてくるはず。


使用器具や用具の規格

 

コートサイズ

16×8mの長方形

※サイドライン&コートラインの幅を含む。コートの周囲(Free Zone)はコート・エンドラインから5〜6mのスペースがあること。

 

コート表面

コート上はできるだけ平坦にし、プレーヤーが負傷しないようにする。

※ケガの原因となるもの:石、岩、貝殻など

 

コートライン

サイドラインとエンドラインは幅5〜8cm以内で、アタックラインとセンターラインはない。使用するのはラインと判断できるような色がついていて、なおかつ耐久性に優れた素材のもの。

 

サービスゾーン

コートエンドの後ろ、サイドラインの間で行う。エンドラインからフリーゾーンの中でサーブする。

 

天候

雨天決行。ただし、プレーヤーに危険が及ぶような状況下(雷など)では試合不可。

 

ネット

長さ8.5m、幅1m(±3cm)、網目1マス10cmの正方形であること。ネットの水平線上下に5〜8cm幅のバンドが付くこと。

 

ネットの高さ

男子2.43m、女子2.24m。

※ネットの中心を基準とし、両サイドの高さは誤差2cm以内であること。

 

サイドバンド

5〜8cm幅(コートラインと同じ幅)、長さ1mの色付き。ネットの両サイド、サイドライン上にネットに対して垂直に取り付けること。

 

アンテナ

長さ1.8m、直径10mmで赤と白のストライプ模様(各色10cm交互)

 

ボール

ボール

国際バレーボール連盟(FIVB)が公認しているビーチバレーボールを使用。色付き(オレンジ、黄色、ピンク、白など明るい色)であること。円周66cm〜68cm、重さ260g〜280g、内気圧0.175hPa〜0.225hPa。

※1試合で使用されるボールは2〜3個、同じ配色であること。

※FIVBの国際大会では3個使用し、6名のボール係を設置すること。

ページの先頭へ

ゲーム進行上のルール

ビーチバレー

ラリーポイント制、つまりサーブ権の有無に関わらず得点される方式を採用する。相手コートへスパイクやサービスを決めた場合、返球ミスまたは反則をした場合、いずれも相手チームへポイントが入る。3セットマッチで先に2セットを先取したチームが勝ちとなる。相手コートへの返球回数は最大3回。また、ボールは体のどの部分に触れてもかまわない。ボールがエンドラインやサイドラインを超えたとしても、その一部がラインに触れていればインボールと見なされる。ブロックタッチは1回と数えられるが、ネット越しに対戦相手と同時に触れた場合はカウントしない。

 

ポイント

1〜2セットは21点、3セット目は15点先取となる。タイブレイクの場合、2点差がついた時点で終了

 

コートチェンジ

1〜2セットは両チームの得点合計が7の倍数、3セット目は5の倍数になったときに行う。

 

テクニカルタイムアウト

1〜2セットのみ1回30秒、両チームの得点合計が21点になった時点で行う。

 

タイムアウト

各チーム、プレーが途切れたときにリクエストできる(1回30秒)。

※各セットのインターバルは1分とする。

ページの先頭へ

プレイスタイル

ポジション

コート内のポジションは自由で、特に決められたフォーメンションもない。ただし、サービスが打たれるときはコート内にいなければならない。

 

サービス

サービス

両コートにおけるサイドラインの延長線内で、エンドライン後方のフリーゾーンから打つ。トスは1回のみで、失敗してもやり直しはできない。相手チームにサーブ権が移るまで、同じプレーヤーが打ち続ける。サーバーのチームメイトは対戦相手(レシーブする選手)の視界を妨げてはならない。この際、相手チームからの要求があればハッキリ見えるように移動させられることもある。サービスの順番を間違えると、反則になって相手チームの得点となる。

 

レシーブ&パス

レシーブ&パス

インドアのバレーと違い、多少のホールディングは反則にならない。明らかにボールの動きが停止するようなプレーは反則となるが、手の平を上にしてボールをすくうようなレシーブは反則にならない。オーバーハンドパスでのサーブレシーブは必ずしも反則ではないが、指先がばらつくとダブルコンタクトをとられる。強打のスパイクをオーバーハンドパスで受けることは反則にならない。オーバーハンドパスで相手コートへボールを返す場合、両肩に対して直角な方向でなければならない。セットアップの際、風などでボールが流されて相手コートに入ってしまった場合は反則とみなされない。

 

ネット際でのプレー

ネットの下から相手コートへ侵入してしまっても、相手プレーヤーに触れたり、プレーを妨げたりしていない限りは反則にならない。

 

スパイク

スパイクは明らかにヒットするプレーでなければならない。指の腹を使ったフェイントやタッチプレーは反則となる。手の平がグーの状態や指を曲げた状態(ポーキー)、手の甲を使ったヒットは反則にならない。

 

ブロック

ブロック

インドアのバレーと違い、ブロックタッチは1回と数えられる。つまり、残り2回のプレーで相手コートに返球しなければならない。
ブロックしたプレーヤーはその後、連続してボールに触れることができる。ネット越しに相手と同時に触れた場合(ブロックの押し合いなど)はカウントしない。

ページの先頭へ

その他のルール

試合中の負傷

試合を中断する。負傷した選手は原則として、治療や回復のために5分間与えられる。試合続行が困難であると判断された場合、審判より負傷した選手のチームに対して不完全なチームと宣言され、その時点で試合終了となる。得点は不完全なチームにはそれまでに獲得したポイントが生かされ、相手チームには勝者となるために必要なポイント(1〜2セット目は21点、3セット目は15点)、及びセットが与えられる。

※不戦勝の場合、スコアは2-0(21−0、21−0)となる。

 

審判への質疑

タイムアウトをとる、ユニフォームなどを着替える、サービスする順番を確認する、コート内外の設備などに関してチェックする、その他不明な点がある場合など、選手は審判に声をかけることができる。

※プレーに対する審判のジャッジに質疑する場合、主張が強すぎる、あるいは試合の中断になると見なされると相手チームにポイントが加算されることもある。

 

コイントス

ウォーム・アップ前に審判と両チームのキャプテンが立会い、トスを行う。コートまたはサービス権を選択する。各セット、スタート前にトスを行う。

 

ウォーム・アップ

試合開始前、試合を行うコートで公式練習として両チームに3分間与えられる。


ページの先頭へ
リンク
サイトマップ