ビーチバレー
ビーチバレー
 
 
ビーチバレーとは
 
歴史
 

ビーチバレーをやってみよう!
ルール
 
戦い方
 

ビーチバレーの必需品
欠かせないもの
 
あると便利なもの
 

ビーチバレーのココに注意!
熱中症
 
紫外線
 
ケガ
 

ブックマーク
Yahoo!ブックマーク Google Bookmarks はてなブックマーク niftyクリップ livedoorクリップ del.icio.us
 
home

熱中症

一般に真夏の気温、高い湿度、紫外線の強い炎天下に行われる特殊なスポーツの1つです。しかも、足場の安定しない砂浜であり、選手交代もないため、たった2人でプレーし続けなければなりません。よって、熱中症により注意を払わなければならないのです。


熱中症とは

熱中症とは暑い環境で生じる障害の総称で、発症の仕方や程度によって以下のように分類されます。なお、ビーチバレーなどのスポーツで主に問題となるのは「熱疲労」と「熱射病」です。


重度

分類

主な原因と症状

対処法

軽症

熱痙攣

大量発汗の際、水しか補給しなかったために血液の塩分濃度が低下して筋肉に痛みを伴う痙攣が起こる。

食塩水を飲ませ、涼しいところで安静にさせる。

熱失神

皮膚血管の拡張によって血圧が低下し、脳血流が減少してめまいや失神などが起こる。

涼しいところで衣服を緩め、足を高くして休ませる。意識があれば水分補給し、なければ病院へ運ぶ。

中等症

熱疲労

水分や塩分の不足、いわゆる脱水症状によってめまいや頭痛、吐き気、倦怠感などが起こる。

涼しいところで衣服を緩め、足を高くして休ませる。意識の有無に関わらず、病院へ運ぶ。

重症

熱射病

体温の上昇によって中枢機能に異常をきたし意識障害などが起こる。

一刻も早く救急車を呼ぶ。待つ間は水をかけて扇いだり、太い血管のある部分(首や脇の下など)に氷やアイスパックを当てたりして体を冷やす。

ページの先頭へ

ビーチバレーと熱中症

他のスポーツに比べて、熱中症など細心の注意を払わなければなりません。それは一体なぜでしょう?

真夏の砂浜の環境

 

炎天下における砂浜の乾球温は37度以上、WBGTでは33度以上と厳しい暑さになることが予想されます。なお、WBGTとは人体の熱収支に影響の大きい気温や湿度、輻射熱の3つを取り入れた指標で、乾球温度、湿球温度、黒球温度の値を使って計算したものです。この数値が31度以上になると皮膚温度より気温の方が高くなり、体から熱を逃すことができません。よって、特別の場合を除いては原則として運動を中止します。

発汗

 

真夏の砂浜で行うビーチバレーは大量の発汗をもたらし、パフォーマンスが低下するだけでなく、熱中症を引き起こす原因にもなります。発汗量は体育館での状況とほぼ同じですが、屋外で風があるとその蒸散作用が有効に働き、実際の発汗量より少なく感じることも。発汗もいわゆる「玉のような汗」にならないことが多く、これは体育館と違って無効発汗が少なく、熱放散に有効に働く汗をかいている証拠。これは一見よい反応に思えますが、体温上昇を感じないうちに発汗が進み、脱水に陥ることもあるので注意が必要です。

ページの先頭へ

熱中症を予防しよう!

熱中症を予防

熱中症を防ぐには、まず「水分補給」が欠かせません。これは競技力の維持、向上にも重要な役割を担っています。「脱水」1つで熱中症を招くだけでなく、疲労を助長して競技力が十分に発揮できなくなることもあるからです。よって、コンディショニングとしても「水分補給」は大切です。1時間に2リットルもの発汗が想定されるので、タイミングよくこまめに水分補給するようにしましょう。この際、塩分補給とクーリング効果を考慮して飲みやすく、かつ吸収のよい濃度・温度に調節することが大切です。なお、水分補給以外の具体的な予防策は以下の通りとなっています。

 
  1. シーズン当初から徐々に暑さに慣れていく。
  2. 涼しい日陰で十分なウォーミングアップをしてから日向へ出る。
  3. 休憩時などはできるだけテントやパラソルの下へ入って休む。
  4. 帽子をかぶる。
  5. 輻射熱を下げるため、遮光性ならびに通気性のよい服を着る。
  6. 休憩などを利用して、太い血管のある場所を冷やす。
  7. 体調の自己評価を行って、正直に自己申告する。
  8. 主催者や指導者、パートナーはプレーヤーの状態を観察し、中止等の指導勧告は早め、かつ適切にする。

ページの先頭へ
リンク
サイトマップ